Menu

悪質出会い系はイロイロ細工をします

February 26, 2017 - 悪質出会い系詐欺

私が会った出会い系詐欺の話をします。

当時私は出会い系の最大手に登録していて、それなりに結果を出していました。出会い系内で友達もでき、女性ともたまにではありましたが、実際に会うこともありました。

最大手以外にも複数の出会い系に登録しており、怪しそうなところはネットで事前に調べて登録を回避していたので、「自分は詐欺に会わない」と自信があったの
を覚えています。そんな時、ネットを徘徊していると、少し変わった出会い系サイトを見つけたのです。

マニアやアブノーマル系専門の出会い系サイトというのが謳い文句で、その頃コスプレ女性に興味があり、いつもはする事前調査をせずに登録してしまいました。マニアやアブノーマル趣味の人は通常のサイトでは相手は見つけられない、だからこういうサイトが必要で、変わった趣味の人間が集まる、といったフレーズが並び、その説明に説得力を感じてしまったのです。

サイト内には5~6個の掲示板があり、ライトなものからかなりヘビーなものまで、投稿もバラエティーに富んでいました。どこの出会い系でもそうですが、サイト内でメールを送るのは有料です。そのサイトも当然そうで、料金は最大手のサイトより30円くらい高かったでしょうか、ただ、あからさまな詐欺サイトと比べるとずっと安く、また、定期的に数十~ポイントのプレゼントなどもあったので中々疑うことができませんでした。

しかし、数ヵ月続けたところでいくつか疑問点がでてきます。掲示板では積極的に会いたいと投稿しているのに、会う約束をしようとするとはぐらかす。
こちらの質問には答えないが、ひたすらにメールを続けようとする。等々、詐欺サイトの典型例とも言える状況が続き出し、それでもしばらくは、「いろんな人
がいるから、そんな人ばかりじゃないはず」と好意的解釈。実際、優良な最大手の出会い系でも悪質な人間はいて、そんな経験もしていたので、その経験が裏目
にでた形です。しかし、つぎこんだお金が五万円に達した段階で「何かおかしい」と考え始め、ようやくその時点でネットの口コミや評価を検索、調査しました。

結果は予想通り「会えない」「メールを引き延ばす」「質問に答えない」等々、自分が体験したことがそのまま書かれていました。
その時の気持ちはやっぱり、という納得の気持ちや、フザケンナ、という怒りの感情がごちゃ混ぜになった形容しがたい感じでした。私は五万円でしたが、中に
は数十万使った人もおり、自分はまだマシなんだ、と言い聞かせてました。

出会い系に限らず、騙す方はバレないよう、いくつも細工をしてきます。人間、自分が騙されているなんてあまり考えないものです。「自分は騙されない」と自信がある人ほど危ないかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *